自己流にブレンドして飲みやすい青汁にする

事業承継と相続税の関係 その1

事業承継と相続税の関係 その1

親が飲食店や喫茶店などの個人事業をしているということはないでしょうか。大きな事業をしているのであれば、たいてい引き継ぐかと思いますが、規模の小さいものでれば親の代で終わらせてしまい、引き継ぐ気は特にないということもよくあるかと思います。不確かな点がある場合は事業承継 税理士を比べてみてください。
ですが、相続税の負担のことを考えるのであれば、事業承継をすることをおすすめします。
なぜ、事業承継と相続税が関係してくるのかと言うと、相続税法には『小規模宅地等の特例』という制度があるためです。これは土地に関する特例制度で、適用を受けられると、土地の相続税評価額を大幅に減らすことが可能です。相続税評価額とは、相続税の税率を乗じる基となる金額のことです。すなわち適用を受けられれば、相続税の負担を大幅に減らすことが出来るということです。この制度には適用要件があります。要件としては決して厳しいものではありませんが、知らなかったため満たしておらず適用を受けられないとなるとすごく損をしてしまいます。事業承継をし、この特例制度の適用を受けて相続税を節税しましょう。不明確な点がある場合は事業承継 税金吟味してみてください。
ご相談する際には事業承継を比較してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ